ドリカムの「未来予想図」が映画化・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリカムの「未来予想図」が映画化


DREAMS COME TRUEの名曲「未来予想図」「未来予想図II」が、今秋映画化されることがわかった。

「未来予想図II」は、1989年リリースのアルバム『LOVE GOES ON…』に、「未来予想図」は、1991年リリースのアルバム『MILLION KISSES』に収録されている。

いまやカラオケの定番ソングとして、世代を超えて歌い継がれているこの2曲は、どちらもヴォーカルの吉田美和が高校時代に作った曲だという。

すごいっ!!

あんな名曲を高校生でつくるなんて☆

いったいどんな高校生活を送っていたのか・・・

素晴らし過ぎます398

映画は、同じ大学に通うカップルの純愛が描かれている

いつも一緒に同じ時間を過ごしてきた慶太とさやかは、何年経っても変わらずにいられると思っていたが、大学卒業とともに転機が訪れる。

卒業後、さやかは雑誌の編集者になる夢が叶わず、一般職のOLに。一方慶太は、自分の夢である建築家としての道を歩み始める。それぞれ新しい道を歩み始めたことをきっかけに、2人の未来予想図は大きく変わり始める―。

「未来予想図」の映画化にあたり、松竹の小林敬宜プロデューサーは、「歌詞に綴られた、ポジティブで暖かい気持ちになれる世界観を、なんとか映像で表現できないか」と考え、DREAMS COME TRUEサイドに打診。「不朽の名作である『幸福の黄色いハンカチ』のように、テーマはシンプルでありながらも、心温まる作品を作りたい」という想いを胸に、幾度となく打ち合わせを重ね、許諾をもらうことができたという。

主役は、女優で歌手の松下奈緒が演じる。恋人役の男性は現在オーディション中。映画は4月にクランクインし、6月のスペイン・バルセロナでのロケでクランクアップする。主題歌はもちろん、「未来予想図II」と「未来予想図」で、ドリカムの中村正人が音楽監修を務める。

絶対見たい映画ですね。

名フレーズの「ブレーキランプ5回点滅ア・イ・シ・テ・ルのサイン」のところ

どんなふうに描かれるのか、すごく楽しみですね345

(引用 Yahoo!ニュース)

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000585-bark-musi



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。