過去最大の個人情報漏洩・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最大の個人情報漏洩


大日本印刷で、過去最大863万7405件、43社分の得意先企業の個人情報が漏洩した。

印刷会社ということもあり、各社の顧客のデータを預かり、DM用の印刷を提供する業務から、当時の派遣社員が盗み出し、詐欺グループに売っていたというからたちが悪い。

DNPの情報流出で社内調査の結果、43社863万件の個人情報持ち出しが判明。

 容疑者によると、「自宅でデータ処理の練習をしたいとの理由でデータを抜き出した」「MOやCD-Rなどに書き込み、バッグに入れて不正に持ち出していた」という。

ちょっと、あまりにも管理がズサンじゃないでしょうか・・・



 大日本印刷のWEBサイトにアクセスしてみると、以下の対策について記述されている。
今までの対策
・ 電算処理室での生体認証による入退場管理
・ 監視カメラの設置
・ アクセスログの取得
・ ポケットのない作業服着用によるデータ等の持ち出し防止
・ 委託先との個人情報に関する契約締結
・ 定期的な内部監査の実施
 
 さらに、強化する対策
・ データ記憶媒体取扱者の極小化と社員限定
・ データ記憶媒体への書き出しエリアの分離
・ 再発防止策の徹底、教育
 
 完璧なルールは作れない。ルールを作れば、その穴が見つけられる。穴のないルールは存在しない。という印象を持たざるを得ない。
 
 企業としての情報漏えい対策・リスクについては、この対策・ルールを導入し、徹底運用・管理をしてきましたが、情報が漏洩されてしまったと言えないところが辛い。
 
 各社から大日本印刷に対し、損害賠償請求を起こすと言われています。クレジットカードナンバーなどが漏洩してしまったことを考えると、賠償請求額の合計がいくらになるのか...想像しにくい。
 
 上記対策を取り、正しく運用していても情報漏えいが起きてしまう。起こった後に、カメラでログで見つけただの、契約で損害を請求するなど、後手後手の対策であった、抑止力の対策であったとい言わざるを得ないだろう。

いつどこで個人情報が漏れるか分からない・・

コワい世の中ですね404

(引用 ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 主婦の目線で見るNEWS All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。