時間の「貯蓄」を考える・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の「貯蓄」を考える


人間には(たぶん人間だけではないのでしょうが)「現状維持バイアス」という心理があります。

わかりやすいのがギャンブルで、持ち金1万円で始めたとすると、1万5千円の時には、いつでもギャンブルから離れられる気持ちになり、反対に5千円になると、少なくとも1万円まで戻さなければやめられないと思う、そういう心理的傾向を指摘した言葉です。

時間」についてもこの、「現状維持バイアス」が働いているのではないか

特に現代人は、時間というリソースを非常に大事がるので(当然といえば当然ですが)、「現状維持バイアス」もまた、昔の人に比べてはっきり働いている。

 

 

ただ、「時間」というのはご存じの通り、伸縮がきかず、貯めておくこともできないリソースであるため、「現状維持バイアス」があまり生産的な方面には働かないことになります。

一例をあげると、夏休みの宿題に、夏休みが40日ある段階で手をつけるのは、「夏休みがもったいない」という感情におそわれそうです。

一般に「余剰の時間がたくさんある」時ほど、持ち金がたくさんあるときと同様、あまりギャンブルはしたくないものです。宿題に手をつけたとして、それが面白かったり、スパッと片付くなら、それは「宿題をやらずに遊び出す」よりすばらしいことですが、息苦しい気持ちになったり、なかなか終わらず、夏休みが宿題ばかりで全部つぶれてしまっては、「夏休みまるまる」大損です。

それは一種の「賭」です。「先に宿題をして、残りのたくさんの時間を、憂いなく遊びに没頭するか(大勝)、あるいはそれに失敗して、宿題ばかりで夏休みを過ごす羽目になる(大負け)か」という、「危険な賭」を「余剰時間がたくさんある時点」ではやりたくないわけです。

子供の夏休みばかりでなく、大人でも、特に時間を大切に感じている人ほど、一日の早い段階や、特別休暇を、「ついずるずる過ごしてしまう」ように思えて仕方がありません。そういう人はまた、何のかのと言っても、必ず仕事はこなします。「ついずるずると損をしてしまった!」という心理状態になると、今度は「現状維持バイアス」が逆に働いて、「時間を取り戻そう」と躍起に賭に出るからです。

なかなか難しい話ですね・・・

かなり興味深い話でつ。

(引用 ライブドアニュース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。