宮崎駿氏“長男教育”反省し次作製作・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿氏“長男教育”反省し次作製作


宮崎駿監督(66)の新作(08年夏公開予定)が19日、都内でスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(58)から発表されました。

04年の「ハウルの動く城」以来の劇場公開作となります!!

タイトルは「崖の上のポニョ」

人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の男子・宗介の物語。

宮崎監督が04年に社員旅行で訪れた瀬戸内海の町を気に入り、翌年春に一軒家を借り切って2カ月ほど滞在。

その間に構想を練った。鈴木プロデューサーは「“宮崎駿版・人魚姫”のようなイメージ」と話した。

まってました!まってました~!!!

大好きです。宮崎駿えいが。

またいっぱいの夢をくれるのでしょうね345

宗介のモデルは宮崎監督の長男吾朗氏(40)。

吾朗氏が昨年、「ゲド戦記」で映画監督デビューしたことを、宮崎監督は自分への反抗ととらえ、「こんなことになったのは吾朗が5歳の時、仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。

二度と吾朗みたいな子をつくらないために」と反省の気持ちを込めているという。

 披露されたイメージビジュアルは「原点に戻ってアニメ本来の楽しさを追求したい」と、これまでとはひと味違う柔らかいタッチだ。

今からほんと楽しみです。352353

(引用 ライブドアニュース


スポンサーサイト
Copyright © 主婦の目線で見るNEWS All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。