能登大地震。日本のトップ達。小学生でも言わない発言。・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登大地震。日本のトップ達。小学生でも言わない発言。


大地震など一大事が起きた時、ナ~ンもできない安倍ぼっちゃん内閣の危機管理オンチが露呈した。

25日朝、能登地方地震を受けて、官邸は対策室を設置。塩崎官房長官と的場副長官が駆けつけたはいいが、記者団に発した第一声は「大したことないようだ」といかにもマヌケ。

溝手防災担当相にいたっては選挙区の広島市長選の応援に出かけ不在だった。

ひどい。ひどすぎる。

あまりにも大人気ない発言。被災者の人達の気持ちを

まったく考えない発言。

こんな発言小学生でも言わない。

 その溝手大臣、慌てて26日、輪島市などの被災地へ視察に出かけたが、記者団に「人命(被害)は少なかった。1人だから」と述べ、ヒンシュクを買った。

呆れて言葉も出ない・・・どうして、良い大人が、こんな発言できるの??

地震の規模に比べて死者が少なかったことを強調したかったようだが、被災者への配慮に欠ける放言と非難を浴びても仕方ない。

この溝手発言について記者団から「不適切発言ではないか」と問われた安倍首相は「死亡された方が1人でよかったという意味なんだろう」とフォローしたが、またも“恥の上塗り”発言だ。日本は任せられない。

おいおい・・日本のトップも一緒になってなにを言ってるんだ??

フォーローになってない上に、よけいヒンシュクをかう発言・・・

大丈夫なのか日本!!!!????

コレで支持率はさらに下がるんじゃ・・・

(引用 Yahoo!ニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000012-gen-ent&kz=ent

スポンサーサイト
Copyright © 主婦の目線で見るNEWS All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。