経済・芸能・音楽・映画・スポーツ・国内・海外など色々な話題を主婦の目線で、綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深刻な若者の車離れ 国内新車販売25年ぶり低水準


ガソリン高騰の今、低迷はしょうがないのでしょうね。
しかしレクサスなどの高級車は健闘しているとの事。ここでも格差社会現れでしょうか・・・
低迷の背景について、自販連は、消費者の嗜好多様化▽賃金の伸び悩み▽人口の高齢化▽ガソリン価格の高騰――と分析している。とりわけ深刻なのは若者の車離れだ。若い世代は新車よりも携帯電話やインターネットへの出費を優先する傾向が続いている。続きを読む
スポンサーサイト

「できちゃった婚」増加の死角


若者を中心に、妊娠の事実が判明してから結婚するいわゆる「できちゃった婚」が増加傾向にある。

最近すごく多いですね。周りでもよく聞きます。最近では”授かり婚”や”おめでた婚”などといい、昔ほど特殊なことではなくなってきていますね。しかし、そんな”でき婚”にもいろんな死角やリスクが・・・続きを読む

10円の自動販売機!?


 缶コーヒーや、ペットボトル入りお茶などの「激安自動販売機」が増えている。これまでは安くても「100円」という程度だったが、今や50円、ついには10円で売る自販機も登場している。なぜこんなに安いのか。

やすい!!!安すぎる!!

そんな安い自販機わたしの住んでるところで見たことないです・・・

激安自販機の「仕掛け人」とされるのが、京都市に本社のある自販機大手メーカーのフジタカです。

「現在、『激安自販機』と呼ばれるものは全国で4万台ほどあります。当社のこの分野の業績もずっと右肩上がり。これからも成長していくのは間違いない」

缶ジュースがそんなに安く買えると助かるわ~。

うちの近所にできないかな。スーパーで買うより

安い。頑張れフジタカさん。地方進出早くしてください。

こうした、どのメーカーの飲料でも扱える自販機をつくるきっかけになったのが販売店側からの依頼。街では自販機が飽和状態になり、売り上げを伸ばすための策として、値段を自由に設定できる機械が提案されたのだ。

   先の担当者は「価格は販売店が決めるもの」としながら、「最安値は、缶コーヒー、ペットボトルで50円という例を知っています」

   と明かす。なぜこんなに安く売れるのか。担当者はこう説明する。

続きを読む

EMI、全楽曲を「DRMなし」に。


 東芝EMIは、英国EMI MusicがDRM(デジタル著作権管理)なしの楽曲販売を始めると発表したことを受け、国内でもDRMなしの楽曲販売について検討していることを明らかにした。

いいですねぇ。

でもますますのCD売り上げが減るんじゃないでしょうか。

みんなパソコンでダウンロードするんでしょうね。



続きを読む

過去最大の個人情報漏洩


大日本印刷で、過去最大863万7405件、43社分の得意先企業の個人情報が漏洩した。

印刷会社ということもあり、各社の顧客のデータを預かり、DM用の印刷を提供する業務から、当時の派遣社員が盗み出し、詐欺グループに売っていたというからたちが悪い。

DNPの情報流出で社内調査の結果、43社863万件の個人情報持ち出しが判明。

 容疑者によると、「自宅でデータ処理の練習をしたいとの理由でデータを抜き出した」「MOやCD-Rなどに書き込み、バッグに入れて不正に持ち出していた」という。

ちょっと、あまりにも管理がズサンじゃないでしょうか・・・



続きを読む

時間の「貯蓄」を考える


人間には(たぶん人間だけではないのでしょうが)「現状維持バイアス」という心理があります。

わかりやすいのがギャンブルで、持ち金1万円で始めたとすると、1万5千円の時には、いつでもギャンブルから離れられる気持ちになり、反対に5千円になると、少なくとも1万円まで戻さなければやめられないと思う、そういう心理的傾向を指摘した言葉です。

時間」についてもこの、「現状維持バイアス」が働いているのではないか

特に現代人は、時間というリソースを非常に大事がるので(当然といえば当然ですが)、「現状維持バイアス」もまた、昔の人に比べてはっきり働いている。

 

 

続きを読む
Copyright © 主婦の目線で見るNEWS All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。